宮崎・稲積ダイビング サービスステーション kanaloa 

宮崎、稲積水中鍾乳洞でのダイビングを中心に全てのスキューバダイビングシステムの紹介

2015・北九州平尾台 牡鹿洞、不動洞調査

2019年7月17日
741 views
約 2 分

2015.11.22~23日平尾台・牡鹿洞、不動洞Cave調査。何方の洞も潜水地にたどり着くにはかなり歩かなくてはいけない、22日の牡鹿洞で股から脹脛が悲鳴を上げている。不動洞は観光化されてなく自然そのもの、洞の内部は落盤した個所もあり這って通過したり胸まで水に浸かって通ったり、重いリブリーザーを背負ってのケイビングは過酷でした。最奥部の水たまり。ここから先は前人未到の地、しかしここの水は上部の鍾乳洞全ての水が流れてきているらしく画像の様に視界は0M、全く見えない中どこまでも続く水中洞、全く視界が無いので広さ等は分からない。朝から洞に入り出てきたのは18時過ぎ、もう体も器材もボロボロ。まだまだ日本にも素晴らしいCaveが沢山残されている。Cave調査はまだまだ続きます。

About The Author

Miyazaki Diving Service Station Kanaloacookanaloa
PADI:Master Scuba Diver Trainer / PADI:Tec Deep Instructor
IART:normoxic Trimix Instructor/Full Cave Instructor/CCR rEvo Instructor/CCR Pathfinder Instructor/CCR Megalodon Instructor/CCR Cave Instructor/
IANTD : Advanced EANx Instructor/CCR Megalodon Instructor/CCR Pathfinder Instructor/CCR normoxic Trimix Instructor/CCR Trimix Instructor
Follow :

Leave A Reply